uipath 文字列連結の三つの方法

2019-12-02処理対象別, 文字列操作

uipathで文字列連結の方法について説明します。

準備

代入」アクティビティを使用して、連結したいの文字列を変数に格納します。

プラス演算子 連結

プラス(+)を使って、簡単に文字列連結できます。

「メッセージをログ」で連結したの文字列を出力します。結果を確認します。

String.Concat 連結

String.Concatメソッドを使って、文字列連結もできます。

「メッセージをログ」で結合したの文字列を出力します。結果を確認します。

String.Format で連結

String.Format()メソッドを使用して、文字列読みやすいし、簡単と思います。

結合したい内容は 中括弧 で順番を指定して、次は連結したい変数を後ろに順番で並べます。

「メッセージをログ」で連結したの文字列を出力します。結果を確認します。

2019-12-02処理対象別, 文字列操作

Posted by smallStar