uipath 平日 営業日 祝日 判定

実践サンプル, 日付判定

業務自動化する時、平日判定の場合は少ないです。今回はUiapthで平日判定について、説明していきます。

カレンダーマスタ用意

下図のように自社用のカレンダーマスタ(エクセルファイル)を用意してください。

引数定義

引数argInStrCheckDateはチェックしたいの日付(yyyy/MM/dd)を格納します。

引数argInStrCalendarPathカレンダーマスタファイルのパスを格納します。

引数argOutStrFirstBussinessDayはチェックしたい日付から最初営業日を格納します。

引数argOutBlIsBussinessDayは平日判定結果を格納します。

ロジック説明

日付変換

チェックしたいの日付の文字列は日付型を変換します。

カレンダーマスタデータ取得

カレンダーマスタファイルを開きます。 ”yyyy”シート存在チェックします。

データがある場合、カレンダーマスタデータを読み込みします。

データが無し場合、エラーにします。

日付判定

出力引数初期化

出力引数(平日判定)が初期(False)を設定します。

繰り返し(後判定」を使用して、日付を判定します。

土日曜日判定

土曜日の場合、dateCheck = dateCheck.AddDay(2)で計算して、来週の月曜日をチェック変数に設定します。

日曜日の場合、dateCheck = dateCheck.AddDay(1)で計算して、来週の月曜日をチェック変数に設定します。

祝祭日判定

次は、祝祭日を判定します。

祝祭日の場合、 dateCheck = dateCheck.AddDay(1)で計算して、 翌日をチェック変数に設定して、繰り返し判定します。

祝祭日じゃない場合、 判定用blIsBussinessDayをTrueを設定します。

出力引数設定

出力引数を設定します。

確認

ワークフロー ファイルを呼び出し」アクティビティを使用して、結果を確認します。

GitHubに公開

今回のソースコードはGitHubの公開されました。ご参照ください。